モザイクタイルを使ったコースターの作り方

モザイクタイルとは?。

モザイクタイルとは、50平方cm以下のタイルを指しますが、簡単に言うと一辺の長さが約7cmぐらいの小さなタイルの事を言います。

モザイクタイルは外の流しやガーデンテーブルなどに広く活用されていますが、最近ではアートとしてハンドメイド作家も存在するほど一般的に普及している素材なのですが、今回はモザイクタイルを使ったコースター作りをご紹介します。

sponsored link

モザイクタイルの購入方法

モザイクタイルは、大きなホームセンターや東急ハンズなどのホビーコーナーなどで購入する事が出来ますが、取り扱っていないところも多く、私の場合、近くのホームセンターに取り扱いが無かったので、最近はもっぱらネットで取り寄せています。

楽天で見る>>>ガーデン資材はエクステルホームズ

モザイクタイルのコースター

モザイクタイルを使ってコースターを作る場合、土台となる木製のコースターが必要になります。

私の場合はトリマーを使って自作していますが、100均などに売っている木製のコースターのコルクを外して利用出来ますので是非チャレンジしてみて下さい。

モザイクタールコースター

作品見本

作品は今回私が作った見本です。作り方は色々あります。

1.材料を確認する

材料

木製のプレート。

シーグラス50g

カラーサンド。

木工用ボンド

麻ひも 約30cm

ダボ 6mm×25mm

2.木工用ボンドを塗る

木工用ボンドを塗る

カラーサンドをプレートに塗るためにボンドを適当に塗り拡げる。

3.カラーサンドを乗せる

カラーサンドを乗せる

適当に塗り広げた木工ボンドの上にカラーサンドを少しづつ落として広げます。

4.カラーサンドは薄くまんべんなく

ボンドが付いていない場所はカラーサンドは乗らないのでザ~と掛けて余分は振るい落とす。

5.シーグラスに顔を描く

マジックペンで魚のエラと目玉を描く。

6.エラと目玉を描く

エラと眼はマジックペンで描き、白い部分は水彩や白いマジックペンなどで書きます。

7.魚を置いてゆく

顔を描いた魚をカラーサンドの上に置いてゆく。まだ接着剤は付けない。

8.バランスを見て接着する

全体のバランスを見て、問題なければボンド付け、接着する。

貝などを周りに付けると雰囲気が変わります。

9.壁掛け用の麻紐をつける

麻ひもを穴に通し、そこで一旦結び、方向を切り替えて輪を作ります。

10.完成

ダボを差し込んでスタンド形式にもできます。

>>次【木製カッティングボードの作り方へ